小麦ブラン研究会

最新記事

小麦ブランで死亡率も減少?!

海外の研究チームによると、なんと全粒穀物の摂取量を増やすことで、慢性疾患の罹患と早期死亡のリスクを減らせることがわかったと報告されています。1 日あたり3サービングス、90g の全粒穀物製品を摂取すると、以下のように病気にかかるリスクや死亡率が減少する結果になったということです。1)

病気にかかるリスクの低下率
各病因による死亡の低下率
  • 1)Dagfinn A, et al: BMJ 2016; 353, i2716