小麦ブラン研究会

最新記事

小麦ブランとスーパー大麦の相乗効果で、
太りにくい腸内環境へ!

食物繊維豊富な穀物の代表である、小麦ブランとスーパー大麦(バーリーマックス®)。最新の研究により、これらを同時に摂取することで腸内環境の改善に効果的な2つの結果が確認されました。

① 小麦ブランとスーパー大麦の相乗効果で、ヤセ菌比率が増加!

私たちの健康を左右すると言われ、近年注目をあびている腸内細菌。中でも肥満と関わりがあるのが、ヤセ体質の人の腸に比率が多いとされる「ヤセ菌(バクテロイデス)」と肥満体質の人に比率が多いとされる「デブ菌(ファーミキューテス)」です。最新知見では、小麦ブランとスーパー大麦を同時に摂取することで、腸内の「ヤセ菌」の比率が増加したことが確認されました。同時摂取による相乗効果によって「ヤセ菌」の比率が増え、太りにくい腸内環境になるということが分かったのです。

② 小麦ブランのファイバーデトックス効果で、腸内の毒素(有害物質)を減少させ、有益物質を増加させる!

① と同じ試験によって得られた糞便理化学分析により、小麦ブランは腸内環境に悪影響をもたらす毒素(有害物質)を減少させ、短鎖脂肪酸などの有益物質を増加させるということも新たに分かりました。そのデトックス(解毒)効果により、有害物質を体外へ排出し、腸内細菌の発酵を促進して短鎖脂肪酸などの産生を高めていると考えられます。

詳しくは、以下のリンクをご覧ください。

~小麦ブランの新知見!食物繊維を食べて太りにくい腸内環境へ~
小麦ブランとバーリーマックスの同時摂取による腸内環境改善効果を確認